仮想化基盤によって効率化を

バナー

仮想化基盤によって効率化を

仮想化されたサーバーなどを使う企業が増えています。

最大のメリットは、コストが物凄く削減できる点にあります。それはよいわけですが、更なる効率化の為の方法があるならば、それは導入した方が良いです。

それが仮想化基盤であり、注目されています。
仮想化基盤とは仮想化されたシステムの運用の為にあります。



いくら仮想化されているといっても、ITリソースに関することは把握しないといけないわけです。



しかし、現状では、システムが統合されていることは少なく、仮想化されているといってもそれぞれが独立している場合が多いです。
それらを統合して管理できるようになるのが、仮想化基盤になります。これによって、個別に求められるITリソースを振り分けることが容易になります。

仮想化されたシステムのメリットはCPUやメモリのリソースの実在的な制限を受けないことであるわけですが、実際に仮想化する時に計算は必要になります。


機器の組み合わせによる検証も大事ですし、実際にどの程度の稼動がなされるのかも把握しないと駄目です。

個別にそれを判断するのではなく、統合的にやれるのが仮想化基盤であり、簡単に言えば中央で監視をするシステムです。
それ自体は昔からあったわけですが、それすらも仮想化させて運用しよう、という発想です。概念として新しく、これからますますの技術発展、効率化が期待されています。

積極的に導入する企業も増えていますから、普及は確実視されています。

livedoorニュースに関する情報満載のサイトです。