仮想化基盤サービスを利用してできること

バナー

仮想化基盤サービスを利用してできること

さまざまなネットワークサービスが出る中で、仮想化基盤サービスが幅広いジャンルで多くの人に利用されています。


仮想化とはOS環境をソフト的に仮想環境として再現するシステムのことです。


仮想環境としてハードウェアとOSを再現することで実機を購入すること無くOS環境を用意することが可能です。

その利用の仕方は様々で、WEBサービスを運用する場合にも役に立ちますし、個人的な小規模なサービスでも同様に利用できます。

livedoorニュースの情報はココで集まります。

小規模なサービスを運営していて突然人気が出てアクセス数が増加した場合にも、手間を掛けること無くそのアクセスを捌けます。



仮想化基盤サービスでは従量料金を選べるところもありますから、アクセス数が少ない場合には少ない料金で、アクセス数が増加した時には追加分を支払うことで増加に対応できます。


本来であれば仮想化基盤のレンタルプランの変更や、もっと贅沢な処理量を持つ別のレンタルサービスに変更することが必要だったのですが、それが必要無くなります。
仮想化基盤サービスは自由度の高いレンタルサーバとも言えますが、OS環境を丸々仮想化して提供していることが一つの特徴です。

OS単位での提供のメリットとしては、細かな設定やカスタマイズなども利用者の手によって変更が可能になっていて、その自由度は自前でパソコンを用意した時とほとんど変わらないほどです。



一言で表せば仮想化基盤サービスは自由度の高さが大きな利点といえるでしょう。